最新刊 – 2017年10月

棟居刑事の黙示録

文庫 中央公論新社 ¥670

元暴力団組長の九鬼直正は、ひょんなことから中学生の重光ゆかりと知り合う。いじめを受けていたゆかりは、九鬼のアドバイスでいじめっ子らに立ち向かう。ある日、いじめっ子集団の中心人物・箱田真貴枝が行方不明になり、数日後、丹沢山中で死体となって見つかった。いじめの報復ではと疑われたゆかりを心配する母親は、九鬼に警護を依頼。ゆかりのため、九鬼は真犯人を探す。一方、政財界の黒幕・大友勇介が殺された事件の真相を追う棟居刑事。二つの事件は、次第にひとつに繋がって――。


最新刊 – 2017年

1月|2月|3月|4月|5月|6月|7月|8月9月10月