珈琲の証明

コーヒーの香りに惹かれ梅雨(あま)宿り

コーヒーが好きである。芳(かぐわ)しいコーヒーの香りが漂う空間に身を置くだけでほっとする。カレーやシチューのにおいは、腹の虫がぐーと鳴くだけで、ストレスの解消とはちょっとちがう。茶の香りもよいが、本格的な茶は時間がかかりすぎる。

コーヒーは朝と雨の午後などが特にうまい。見知らぬ街角に魅力的なカフェのドアを見つけると、つい押したくなってしまう。ドアを押して入れば、さらにコーヒーの香りが濃くなる。魅力的な店構えの店内は、さらに雰囲気がよい。

常連らしい客の影が、それぞれ指定席らしい位置を占めて、コーヒーカップを前に、新聞や本を読んだり、世問話に耽(ふけ)っている。

やがて出されるコーヒー。そのコーヒー相を見ただけで、その質がわかる。容器、クリーム、砂糖。一点の非の打ちどころのないコーヒーを出されると嬉しくなってしまう。店構えに騙されて失望することもある。

一杯のコーヒーであるが、人生の香りがある。人生といっても、それほど深刻な香りではない。客のそれぞれの人生のかけらが、コーヒーの中に柔らかく溶けていくようである。


森村誠一お薦めの美味しい珈琲の飲み方は下の画像をクリックして珈琲専科讃のページをご覧ください。


←ひとつ前のページに戻る