深海の夜景

(弔辞屋/夜景/路上の恋人/一筋の神意/満天の星/余生の証明/一粒の涙)

大都会で居場所を見失った者を導く一筋の光

妻を、父を理不尽にも殺され、犯人に復讐を企てる男たち。都市の深層に生き再起を窺う人間たちを棟居刑事が優しく見守る社会派短編。

2013_04_b
文藝春秋
2013.4

 

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る