最新刊 – 2017年2月

ただ一人の異性

文庫 光文社 ¥821

ペット専門の探偵・山中暁は失踪した妻を探して欲しいと、人探しの依頼を受ける。だが、依頼者の本当の目的は妻が連れている猫だった。捜索を始めてほどなく、拘置所の栄養士・山吉麻衣が、当の猫を飼っていることを突き止めたが…。猫が結びつける男女の邂逅と恋は三百年前からの運命か!?さらに猫の存在が暴く権力の邪悪な犯罪とは―傑作長編推理。


戦友たちの祭典

単行本 中央公論新社 ¥1,836

太平洋戦争を生き延びてから波瀾万丈の人生を送ってきた山鹿俊作は、九十を過ぎ穏やかな余生を送っていた。
ある日、音信の途絶えていたかつての仲間・青柳雅次が訪ねてきた。二人と共に海軍戦闘隊を組んでいた中原友和の曾孫が、何者かに狙われているという。
戦争の終末期、中原の身を捨てた敵機への体当たりによって、必死の戦場を生き延びた山鹿と青柳。かつての仲間の遺言を果たすため、修羅の巷へ向かうのだった。
我々には、無限の夢を抱えながら逝った戦友たちの分まで生きる義務がある!


祈りの証明 3.11の奇跡

文庫 KADOKAWA ¥778

戦場カメラマンの長井は、東日本大震災で被災した妻の行方を捜すうち、被災地に蔓延する新興宗教「まほろば教」の暗部に肉薄してゆく。妻の失踪に隠された衝撃の真実とは―!?


最新刊 – 2017年

1月|2月


←ひとつ前のページに戻る