学生時代・作家まで – 大学時代2

12345678


大学3年当時、1人で北海道を一周旅行した。阿寒湖畔のラーメン屋を基地にして雌阿寒岳へ登ったり、周辺を歩きまわった。夜、寝台車のようなベッドに上る 私に、店のおかみさんが、「学生さん、梯子を上げておきなよ」と言った。当初、私はその言葉の意味がわからなかった。間もなくラーメン屋はカムフラージュで、実はその店が男の遊び場であることがわかった。

だが、私は居心地がよくて3泊した。女の子たちはとても気がよく、当時、童貞の私をからかった。4日間、朝食と夕食を女の子たちと一緒に摂って仲良くなった。4日目、出発の朝、雨が降っていて、女の子の1人が相合い傘でバス停まで送って来てくれた。
「学生さん、また来てね」
と大きな声で別れを告げて、バスが見えなくなるまで見送ってくれた。乗客の視線がしばらく私に集まった。


洞爺湖にて。


大学3年生当時、4月。南アルプス鳳凰三山を単独で縦走中、装備、風格、キャリア等、私より数枚上と見えるアルピニストとすれちがった。一瞬の出会いをセルフタイマーで撮影した。名前も住所も告げ合わずに別れたが、行きずりのアルピニストが私のアルバムに永遠に定着されている。山ではこのような出会いがよくある。


大学3年生。東北から北海道を野宿や友人の家を泊まり歩きながら一人旅をした。
後方・渋谷夏夫氏、同クラスの親友。酒田の旧家の息子で居心地がよく3泊した。
背景は鳥海山。青春真っ盛りの時期。


大学2年生、クラスメートと霧積温泉に遊ぶ。前列中央・森村。
このときの印象が後の「人間の証明」に実る。


20歳、青山学院2年生、山中湖畔にて


青山学院大学1年生時代。我々Fクラスはまとまりがよくて、いまでもクラス会に加えて、なにか事ある都度集まっている。

←前へ|大学時代~その後の仲間2|次へ→
12345678


作家・出版関係 |  著名人・芸術関係 | 学生時代・作家まで | 自画像


←ひとつ前のページに戻る