学生時代・作家まで – 山の写真7

123456789101112131415161718192021


車山頂上付近から蓼科山、白樺湖方面を望む。
当時は展望の壮大な茫漠たる高原風景が広がっていたが、現在は都会並みの混雑を呈しているという。

「薫風の山」(自作)

光は
一つの愛の約束の様に
柔かく明るく山々をつつんでいた
五月の風に
花々の香が運ばれて

キラキラと降りそそぐ時
人々は都会の歯車の
生活を忘れて
空の青に
指を染めるばかりに
背伸びをした


(クリックで拡大します)


大学後期、私は肺浸潤と誤診されて、リュックいっぱい本をつめ込んで、八ヶ岳中腹の稲子小屋に1週間ほど滞在した。連日、岳の方角に向かう登山者の列を見 送りながら、私は朝から暗くなるまで、近くの白樺林に寝転んで、ロマン・ローラン、ジード、ドストエフスキー、ヘルマン・ヘッセなどの作品を読み耽った。 自分は将来、どの方角へ向かうのかまったく見当もつかず、自分探しすらしていなかった私は、書物の中に逃避していたのかもしれない。だが、稲子小屋での数 日の滞在は、奇妙な充実感があった。


26歳ごろ、車山頂上。背後の山は蓼科山。


車山頂上。背後は蓼科山。山の神が祀られているという。


美ヶ原。三城牧場にて。

←前へ|山の写真7|次へ→
123456789101112131415161718192021


作家・出版関係 |  著名人・芸術関係 | 学生時代・作家まで | 自画像


←ひとつ前のページに戻る