著名人・芸術関係 – 2000年~2009年 A-1

123456789101112131415


江戸歌舞伎に使われた邦楽「河東(かとう)節」を「市川団十郎丈を囲んで浴衣で謡う会」にて。
右端市川団十郎丈夫人、左2人目小泉正也氏(小泉純一郎氏ご舎弟)。
山岡敏郎氏撮影。


同じ会にて。左から奥佳澄氏、市川団十郎丈。


和田義彦氏は鎌倉武士・和田義盛一族の末裔である。和田氏の嫡流の男子は、その名前に義の一字を入れると仄聞した。氏が拙作の愛読者であったことから知り合い、私の方が、重厚で香り高い和田作品の絵画宇宙の虜となってしまった。このたび、和田氏が栄えある安田火災東郷青児美術館大賞を受賞したときの記念撮影である。

前列左より安田火災美術財団理事長・後藤康男氏、美術評論家・嘉門安雄氏、
中央・和田義彦画伯、美術評論家・三木多聞氏、
後列左より財団常務理事・石井敏彦氏、衆議院議長・綿貫民輔氏、
財団評議員・東郷志馬氏、美術評論家・米倉守氏。


神戸市長表敬訪問。左2人目・神戸市長・矢田立郎氏、4人目・作曲家・池辺晋一郎氏、
右2人目・神戸市役所センター合唱団団長・田中嘉治氏。


六十の手習いと言うが、60代に入ってから英会話を勉強し始めた。きっかけは流暢な日本語を話すインド人に、「何年日本にいるか」と問うたら「1年」と答えたので、「私は大学の英米文学科を卒業後三十余年たつが、いまだに英語を満足に話せない、と言ったら、「あなた、ばかですか」言われて発奮した。右端・私の英語教師・日系アメリカ人藤中太郎氏、中央・淳子夫人。夫妻は私の近作『夜明けのコーヒーを君と一緒に』のモデルとなった。


ネットアイドル日本一の英ゆり氏。また彼女は 山村教室の私の教え子である。


中央・加藤剛氏。

←1970年以後へ|2000年~2009年 A-1|次へ→
123456789101112131415


作家・出版関係 |  著名人・芸術関係 | 学生時代・作家まで | 自画像


←ひとつ前のページに戻る