夕映えの殺意

【著者解説 2002/8/9】

作家は編集者の名前を作品の登場人物によく無断借用する。徳間書店の菅原善雄氏、通称善さんは、拙作の代々木署の名物刑事である。「問題小説」の担当編集者であり、菅原氏の異動と共に、徳間書店からしばらくお座敷がかからなくなった。

*徳間書店
1974.12
角川文庫
1977.2
飛天文庫
1993.9
講談社文庫
1997.7
徳間文庫
2000.1
有楽出版社
2007.2

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る