棟居刑事の「人間の海」

【著者解説 2002/8/27】

人間の海という言葉が好きである。特に東京の雑踏の中を歩いているとき、まさに人間の海を感じる。だが、雑踏の中だけはなく、東京ではアパートや、電車やバスやタクシー、喫茶店などでも、人間の海を実感する。

地方都市では、ちょっと外出すれば必ず知り合いに出会うが、東京で知り合いに偶然出会う確率は天文学的である。なにげなくすれちがっている人々とも、それぞれの人生において二度と出会うことはない。だが、すれちがいは出会いとは言えない。生涯、一期一会のすれちがいが人間の海では毎日、無数に無感動に行わ れている。

だが、仕事、趣味、生活環境、宗教、出身地、出身校等、各人生においてなんの関係もない人々が、酒場や喫茶店に集まって触れ合う。本来、なんの関わりもな い人々が親しくなり、錯綜した事件を協力して解く。彼らの間には一片の契約も約束もない。人間の海らしい人間関係を描いてみたかった。彼らが人生の一時集まった都会の一隅のアパートは、私が20代に入居していたアパートをモデルにしている。いまそのアパートはない。

実業之日本社
1998.7
*実業之日本社
2000.1
角川文庫
2003.10

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る