笹の墓標

【著者解説 2002/8/16】

旅先で意外なテーマや作品のモデルに出会ったり、拾ったりすることは多い。同郷の北海道大学・神沼公三郎教授に招ばれて名奇へ行ったとき、同大学演習林のある朱鞠内(しゅまりない)湖畔に戦中・戦前の強制連行された朝鮮人労働者の「笹の墓標展示館」があると聞いて、見学に行った。(写真館参照)そこで山中に葬られた強制労働者遺体発掘運動を進めている殿平善彦氏と出会い、強制連行労働の実態を知り、この作品を書いた。名奇へ行かなければ、この作品は生まれなかった。歴史の暗黒を発掘するのは作家の義務であると心得る私にとって、貴重な出会いであった。

*光文社
2000.5
光文社文庫
2003.6
小学館文庫
2009.2

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る