虹の生涯(上下)

【著者解説 2004/11/8】

隠退した江戸城元御庭番和多田主膳は、家の内・外に居場所を失い、城の堀端に釣り糸を垂れるしか、することがなかった。そんなある日、井伊大老が暗殺された桜田門外の変に行き合わせて、彼の運命が一変した。将軍直々の内命を受けた主膳は、隠退御庭番仲間、梶野甚左衛門、倉地内記、古坂平四郎の三人を誘って、皇女和宮江戸降嫁護送の後、京へ赴き、新選組を助ける。

池田屋事件から大政奉還を経て、箱館戦争まで激動の時代を、一度は隠居した老人たちが、時流の最前線に身を挺して戦い、勝ち残り、そして生き残った。これは敗者(廃者)復活戦ではなく、老人が時代に挑戦し、戦い抜いた血湧き肉躍る冒険である。新選組は時代に逆行して戦ったが、この作品の主人公たちは、時間をさかのぼって戦った。老いを拒否し、彼らにとって歳を取ることは、勝ち残り、若返りであった。

この作品の主人公たちは、永遠の青春の狩人である。

新人物往来社(上)
2004.3
新人物往来社(下)
2004.3
*中央公論新社
2006.12
*中央公論新社
2006.12
中公文庫
2008.10
中公文庫
2008.10

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る