武士の尾

大石内蔵助の内命により、武士の面目を貫くためという名目で、討ち入りのメンバーから外された槍の達人高田郡兵衛以下、やむなく四十七人の同志から外れ た、いわゆる不義士・脱盟者の半生を追う。彼らにとって武士道の達成とは、裏切り者の汚名に耐え、四十七人の、武士の鑑(かがみ)と称される同志の背中を守る過酷な使命であった。一見、武士道に違背する隠された使命の達成こそ、彼らの武士道であった。

幻冬舎
2008.11
*幻冬舎
2010.11

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る