永遠の青春性・西川徹郎の世界

西川俳句は、日本の文学遺産として凄絶な発光をする宝石である。西川文学の栄光は凄まじい衝撃を読者に射ち込むことにある。生死の境界を超えた永遠の絶唱であることが西川徹郎の人生の凝縮と実存である(後記より)

森村誠一の歴史的講演「永遠の青春性-西川文学と人生」を完全収録。

西川徹郎文學館
2010.1

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る