山内美樹さんの新刊が発行されました。

山村教室の俊英、山内美樹さんの新刊が発行されました!

お仙探索手帖 鐘の音 (静山社文庫) 740円(税込)

江戸一番の美人で水茶屋の看板娘お仙は大岡越前の血を引く正義感。人情のもつれが引き起こす難事件を知と情で痛快に解決していく。


【作者紹介】
青森県に生まれる。神奈川大学法学部を卒業。1999年山村正夫小説講座(現在は山村正夫記念小説講座)に入り、山村正夫氏に師事する。山村氏の急逝後、遺志を継ぎ名誉塾長に就いた森村誠一氏の薫陶を受ける。2005年3月『十六夜(いざよい)華泥棒』で『第三回北区内田康夫ミステリー文学賞』審査員特別賞受賞。光文社文庫より鍵屋お仙見立て絵解きシリーズ『十六夜華泥棒』(2006年1月)『善知鳥(うとう)伝説闇小町』(2007年11月)を刊行。

山内美樹さんのブログ


←ひとつ前のページに戻る