南十字星の誓い

1940年。シンガポールに赴任した外務書記生の繭は、華僑のテオと博物館・植物園で文化財を守ることに。だが戦火が激しさを増す中、館と園を狙う集団が現れ…。二人は、自らの愛するものを守り抜くことができるのか?

角川書店
2012.7

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る