迷子の日本国憲法:ただ一つの国から、ただの国へ

誰もがみな当事者なのだから! 岐路に立つ日本。護憲派の森村誠一が各界著名人から大手新聞の論調まで、護憲派、改憲派、それぞれの意見を選択。あなたはどちらに未来を賭ける?

吉永小百合/ジェームス三木/渡部昇一/美輪明宏/安倍晋三/蓮舫/井上ひさし/平川克美/鈴木邦男/西部邁/品川正治/井筒和幸/石破茂/雨宮処 凛/窪島誠一郎/瀬戸内寂聴/金美齢/森永卓郎/平沢勝栄/黒柳徹子/潮匡人/杉原泰雄/民間憲法臨調/木村草太/内山奈月/高橋源一郎/楚倉哲/八木秀 次/古市憲寿/木下恵介/城繁幸/山田洋次・落合恵子/さだまさし/森達也/田母神俊雄/野中広務/森本敏/伊集院静/浦部法穂/憲法行脚の会/佐高信/ 香山リカ/石平/弘兼憲史/内田樹/池辺晋一郎/岡崎哲二/舛添要一/辻井喬/カント・池内紀

私自身は、戦後の日本国憲法を堅守すべきだと考えています。そして、何よりも多くの人たちにこの問題を、人類の天敵である 戦争抑止として考えて欲しいと願っています。そのための一つの方策として、各界の護憲派だけでなく改憲派の方々も含めて、幅広く意見を取り上げさせていた だきました。

ひとりでも多くの読者が、自分の考えを持ち、この国の未来について声をあげる契機になることを願っております。

森村誠一


2014_09_b
徳間書店
2014.9

 

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る