虚無の道標

【著者解説 2002/8/1】

『高層の死角』が受賞する前に、本作1600枚を書き下ろして、那須氏のもとへ持ち込んだ。さすがの那須氏も困惑して、1200枚に切りつめてくれと言った。400枚刈り込むのは大変な作業であったが、とにかく1200枚にして持ちこんだが、オクラになった。

そのうちに乱歩賞を受賞して、急遽、本作が出版の運びとなった。予告には、なんと受賞前第1作と書かれていた。

青樹社
1969.1
角川文庫
1975.3
毎日新聞社
1976.9
講談社
(長編推理選集)
1977.10
廣済堂文庫
1993.7
ハルキ文庫
1997.7

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る