腐食の構造

【著者解説 2002/8/1】

夏樹静子氏と共に、日本推理作家協会賞を分けた記念碑的な作品である。主要登場人物宛に、若い女性読者から森村誠一方町田竜一様とファンレターが送られてきて、私は開封すべきかせざるべきか、大いに迷った。現在、数百冊、文庫化された作品の中で、最初に角川文庫入りした。

毎日新聞社
1972.11
角川文庫
1974.5
青樹社
1975.9
毎日新聞社
1977.1
*祥伝社
1978.8
講談社文庫
1982.9
*青樹社
1994.1
*青樹社
1994.1
ケイブンシャ文庫
1995.2
双葉文庫
1996.11
ハルキ文庫
1998.3
中国語版
1982.7
中国語版
1999.8

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る