異型の白昼

【著者解説 2002/8/16】

私の初めての週刊誌連載作品である。一挺の拳銃を狂言回しにして、転々、所有者を替えながら、社会と人生の断面を描いた。あまり知られていないような職業に焦点を絞って、社会を漂流する一挺の拳銃は『異型の街角』、『異型の深夜』、『殺意の漂流』と異型シリーズを経て、『人間の剣』シリーズへとつづいていく。

サンケイ出版
1977.6
*光文社
1978.6
角川文庫
1978.8
*コスミック
インターナショナル
1994.6
徳間文庫
1996.3
ケイブンシャ文庫
1999.2
青樹社文庫
2001.9

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る