死定席

【著者解説 2003/4/8】

私の父は非常に用心深い人間で、レストランや映画館で席を取るとき、絶対にシャンデリアや2階席が張り出した下には座らなかった。電車やバスの座席では、 頭上の網棚に注意した。私にも、頭の上になにか落ちてきそうなものがある下には絶対に座ってはいけないと忠告した。その父の言葉がトラウマとなって、旅先のホテルや旅館で枕元に額や置物があったりすると、気になってしまう。この作品のラストシーンは、父から相続した不安神経症の結晶かもしれない。

角川書店
1979.6
*光文社
1982.3
角川文庫
1984.2
中公文庫
1998.1
徳間文庫
2001.6
有楽出版社
2006.2
中国語版
1999.7

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。


←ひとつ前のページに戻る