人間の証明 21st Century

幻の童謡詩人の詩集から切り取った1ページと置き手紙を残して、女は男の前から消えた。数年後、その詩集の1ページを持った女性が殺される。棟居刑事の新たな闘いが今始まる。旧作を凌ぐ感動巨編!!

福永幸一は帰宅途中、暴漢に襲われていた美貌の女性・藤宮さやを救った。身を寄せる場所がなく衰弱していたさやを福永は自宅で看護する。やがて、互いにひかれあい、結ばれるふたり。だが翌朝、さやは福永の元から去っていった。幻の童謡詩人の詩集から切り取った一片の詩と置き手紙を残して―。数年後、一冊の詩集を持っていた少女の母親が殺された。詩集には福永の名前と住所が書かれた紙片が挟み込まれていた…。警視庁捜査一課・棟居弘一良はこの殺人事件を通じて再び人間の宿業と対峙することになる。

角川書店
2004.9

*角川書店
2006.11

角川文庫
2008.10

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。

前の記事

作家の証明

次の記事

正義の証明