棟居刑事の絆の証明

棟居は単独で後立山縦走を試みた。唐松岳山頂で、トレッキングツアーのグループから写真撮影を頼まれる。命の洗濯の後下界に戻ると、また日常的に事件が棟居を待っている。一方、ツアーに参加したメンバーの身にも予想外の殺人事件が・・・。棟居刑事シリーズの傑作長編ミステリー。

双葉社
2005.6

*双葉社
2007.7

双葉文庫
2008.11

中公文庫
2014.12

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。

前の記事

ビジョン

次の記事

魂の切影