棟居刑事の一千万人の完全犯罪

“過去を失った男”、“過去から逃げてきた女”……
夜の大都会—偶然の出会いが事件の始まりだった…
現代の闇をえぐり出すサスペンス傑作

訳ありの過去を消して再出発させる“生かし屋”兵藤。彼は、自身の記憶を失っていた。ある日、上月エリという家出女を暴漢から救うが、襲撃者の正体は謎だった。さらに、エリに瓜二つの葉月ゆりという女も襲撃される。ゆりもまた、許嫁の失踪が原因で家を出ていた。同一犯か? 直後、その元許嫁が死体で発見され、女たちの事件が連鎖を始めた! 一方、失踪人急増問題を追う棟居刑事は、“生かし屋”組織に関心を抱き、捜査を始める。やがて、兵藤の秘密が暴かれる時、忌まわしき現代社会の悪夢が浮上した!

祥伝社
2006.9

*祥伝社
2009.2

祥伝社文庫
2011.7

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。

次の記事

青春の雲海