家庭内暴力、援助交際といった問題を抱えた三つの家庭。さらに父親が殺害されるなど、それぞれに深刻な災いが降りかかる。まったく無関係に思われた三つの家庭だが、実は半年前に偶然父親たちが同じバスに乗り合わせていた。棟居刑事がその背景を調べるうち、さらなる巨大な闇が垣間見える…。現代の世相を描いて家族の病理と新たな希望を模索する傑作推理。

集英社
1993.1

*集英社
1996.11

集英社文庫
2000.4

祥伝社文庫
2007.2

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。

前の記事

虹の刺客(上下)

次の記事

凶隣関係