山の屍

権威ある小説新人賞を受賞した川名純子は、専業主婦から一転、華やかな人気作家に。しかし、受賞作は、ある男性から「あなたの名前で世に出して」と密かに託されたものだった。そして、その男性が山で転落死した後、一億円の保険金の受取人に純子が指定されていたことを知る。さらに、受賞作に描かれた殺人をなぞるような事件が発覚…。フィクションから真実を追う刑事と狡智に長けた犯人の息づまる攻防。

*角川書店
1996.8

角川文庫
1998.11

双葉文庫
2005.7

集英社文庫
2009.4

*角川書店
1996.8
角川文庫
1998.11
双葉文庫
2005.7
  
集英社文庫
2009.4
  

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。

前の記事

炎の博覧会

次の記事

棟居刑事の複合遺恨