棟居刑事の東京夜会

平凡な日常を捨て、新しい人生への切り替えを計画していた三人の男たちが遭遇した殺人事件。その被害者の一人は、彼らのマドンナともいうべき存在の女性であった。彼らは、棟居刑事ら捜査員の向こうを張って犯人を探り当て、復讐を試みる。

双葉社
2003.6

*双葉社
2005.3

双葉文庫
2006.9

光文社文庫
2017.9

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。

前の記事

人間の条件

次の記事

誉生の証明