美しき幻影 遥かなる墓標のもとに

大学で旅行研究会に所属している三杉道久は、一年先輩でマドンナ的存在の新村桐子と二人きりで北アルプスを縦走する。桐子の祖父は戦時中、徴兵を忌避しアルプスの最奥地・雲ノ平で消息を絶ったという。数年後、急逝した桐子の遺言に自らの使命を見出した道久は再びアルプスへ…作家・森村誠一が平和への祈りを込めて世に問う渾身の書き下ろし長編。

2017.6
実業之日本社文庫

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。

前の記事

戦友たちの祭典

次の記事

深海の寓話