深海の寓話

元刑事の鯨井義信は、電車内で黒服の男たちに囲まれたOLを共に救ったことをきっかけに、同世代の紳士たちと親交を深める。彼らは戦場カメラマンや新聞記者など、社会の第一線で戦いながらも、己の信念によってその職を退いた者たちだった。現役時代に磨いた知識と技術を基に、黒服集団の謎に迫る鯨井たち。そこには、悪辣な政財界の思惑がうごめいていた―。武器は経験、自由、そして覚悟。リタイア後の男たちが巨大権力に挑む!巨匠が贈る、圧巻のロマンチック・ミステリー。

KADOKAWA
2017.6

KADOKAWA
2020.1

*は新書サイズ、()内は別題名、複数作品収録の場合ならびに長編選集は〈 〉に内容を示した。◇は再編集本など。

次の記事

悪道 最後の密命