学生時代・作家まで – ホテルマン時代2

123


ホテルマン時代の仲間には、山仲間とは異なる独特の想い出がある。山仲間が青春の友であれば、ホテル仲間は戦友のような気がする。まだ学生の尾を残した私を導き、青山学院大学5年間(1年留年)の英語がまったく役に立たなかったとき、私を助けてくれたのが、現場でたたき上げたページボーイやエレベーター係であった。いまはその戦友たちからの音信は絶えている。


奥武蔵正丸峠にて。


三ツ峠にて。東京都市センターホテル時代の仲間と共に。
彼らとはよく北アルプスや奥多摩方面のハイキングに出かけた。 このうちの二人は結婚した。


大阪グランドホテル屋上にて。


ホテルの社員旅行、油壷にて。
右端の仲間は北アルプスに何度か登った山仲間であり、結婚式の司会もした。
二人目の女性はフロントの仲間と結婚した。
後列左端の女性とはしばらく音信が交されたが、いまは疎遠になっている。


ホテルマン時代、24歳当時、六甲山にて。


長崎にて、ホテルマン時代27歳ごろ。

←前へ|ホテルマン時代2|次へ→
123


作家・出版関係 |  著名人・芸術関係 | 学生時代・作家まで | 自画像


←ひとつ前のページに戻る