雑誌連載2011年

小説現代 2011年11月 『悪道 西国謀反』刊行 “ペン応え”充分の作品が書けた
IN★POCKET 2011年11月 『真説忠臣蔵』文庫化にあたって
オール讀物 2011年10月 満天の星 あの大地震の日、エレベーターの中で四人の人生が交錯して
小説推理 2011年10月 見知らぬ旅人 (エトランジェ) 長編本格ミステリー 最終回
ポンツーン 2011年10月 刺客大名 最終回  ついに仇討ちの最終決戦へ。るいと鹿之介の恋の行方は?
小説推理 2011年9月 見知らぬ旅人 (エトランジェ) 長編本格ミステリー
ポンツーン 2011年9月 好評連載 刺客大名 第11回 市中での奇襲。るいは将軍を救えるのか。
小説推理 2011年8月 見知らぬ旅人(エトランジェ) 長編本格ミステリー
ポンツーン 2011年8月 好評連載 刺客大名 第10回 将軍の市中視察に伴われたるいには、ある危惧があった。
小説推理 2011年7月 見知らぬ旅人(エトランジェ) 長編本格ミステリー
問題小説 2011年7月 純愛の詩集 ただ一人の幻影 四日間の恋だった。「またいらして」つぶらな目に涙をたたえたみすずの面影が瞼に刻まれていた
ポンツーン 2011年7月 好評連載 刺客大名 第9回 奇妙にも、江戸で、犬や猫だけを狙う辻斬りが多発した。
小説推理 2011年6月 見知らぬ旅人(エトランジェ) 長編本格ミステリー
小説現代 2011年6月 堂々の完結!一挙110枚 悪道 Ⅱ 柳沢吉保に超常の刺客を”賄賂”として贈った紀伊国屋文左衛門には公にはできぬ野望があった。公儀隠密流英次郎、最後の闘い。
ポンツーン 2011年6月 刺客大名 第8回 江戸を火の海にする。妖狐一味の恐るべき計画が蠢いていた。
小説推理 2011年5月 見知らぬ旅人(エトランジェ) 長編本格ミステリー
小説現代 2011年5月 堂々150枚掲載 悪道 Ⅱ 江戸幕府大老格の柳沢吉保は、次代にも権勢をつなぐため、妖術の遣い手を浅尾藩に送り込む。
小説宝石 2011年5月 エッセイ 満天の星の下、生きている証
ポンツーン 2011年5月 刺客大名 第7回 突如発見された遊女の生首が意味する驚愕の事実とは?
オール讀物 2011年4月 一筋の神意 彼女を見守ってほしい。男はそれだけを言い残し、戦死した
小説推理 2011年4月 見知らぬ旅人(エトランジェ) 長編本格ミステリー
小説現代 2011年4月 一挙200枚掲載 悪道 Ⅱ 西国の譜代大名浅尾家の藩主三人が次々と異常死を遂げていた。若き現藩主を守るため、領内に潜入した公儀隠密、流英次郎の前にたちはだかる難敵!
ポンツーン 2011年4月 刺客大名 第6回 中国の暗殺集団が鹿之介に近付いた驚愕の理由とは・・・!
小説推理 2011年3月 見知らぬ旅人(エトランジェ) 長編本格ミステリー
野性時代 2011年3月 Interview 作家になるまでの取捨選択
ポンツーン 2011年3月 刺客大名 第5回 不穏な気配の流れる山羽家中に、麻薬が見つかった!
小説推理 2011年2月 見知らぬ旅人(エトランジェ) 長編本格ミステリー
問題小説 2011年2月 神風の怨敵 定年退職した刑事には心残りが一つあった。犯人を逮捕できなかった殺人事件。真相への扉は同窓会がきっかけで開いた
野性時代 2011年2月 栄光なき使命 シンガポール物語 [最終回]
ポンツーン 2011年2月 刺客大名 第4回 船上の大合戦。敵の筆頭・永眠を捕縛した一行だがーー。
小説推理 2011年1月 見知らぬ旅人(エトランジェ) 長編本格ミステリー
野性時代 2011年1月 栄光なき使命 シンガポール物語
ポンツーン 2011年1月 刺客大名 第3回 江戸市街での闘いを終えた一行に忍び寄る黒い影とは!?

 

2009年2010年2011年2012年2013年2014年2015年2016年

資料出典:zasshi

前の記事

雑誌連載2010年

次の記事

雑誌連載2012年