最新刊 – 2013年11月

2013_11_c夜行列車

文庫 光文社 ¥525 (税込)

新宿発の夜行列車で信州へ一人旅に出たOLの中瀬恵子。だが、彼女は「樹齢八百年の金木犀を見に行く」という絵葉書を残し、消息を絶った。そして恵子の行 方を追う父・正治も金木犀の大樹の傍らで轢死した。正治と夜行列車で出会った医師・北里は、二つの事件の背後に見え隠れする男女の存在を突き止めるが、今 度はその女性の死体が発見され…。核心に近づくたびに発生する新たな事件。その驚くべき意外な終着駅とは。

 


2013_11_a棟居刑事の恋人たちの聖地

文庫 双葉社 ¥660 (税込)

渋谷スペイン坂にある「恋人たちの聖地」。異次元への空港であるこのカフェに、殺人の濡れ衣を着せられた男が逃げ込んだ。男は時を遡り、周到に仕掛けられ た罠と真犯人を炙りだす。過去からの捜査は未来の結末を変えられるのか?そして、容疑者の「消失」に不審を覚えた警視庁捜査一課の棟居は…。大胆な着想と 緻密な設定に舌を巻く棟居刑事シリーズの異色作。

 


2013_11_b

悪道 西国謀反 (講談社文庫)

文庫 講談社 ¥714 (税込)

西国雄藩の波高し。疾風怒濤の第二弾

将軍綱吉の極秘。それを知った伊賀最後の忍者流英次郎(ながれえいじ ろう)はわずか数名の同志と天才女医おそでに扶(たす)けられ、強大な権力に立ち向かう。名君に転じた将軍の力を削ぐかのように、陰謀が仕組まれた。徳川 西国の要、浅尾藩で御家騒動が勃発。江戸城に潜入する暗殺軍団。血煙(ちけむり)を浴びる英次郎一統は、活路を斬り開けるか!?

 


 

最新刊 – 2013年
1月2月3月4月5月6月7月|8月|9月10月11月

前の記事

最新刊 – 2013年10月