最新刊 – 2018年5月

青春の十字架

文庫 双葉社 ¥710

警視庁警護課のSP・寒川は、捜査一課・棟居刑事の大学山岳部時代の盟友。その寒川の妹・加菜が、奥飛騨山中で遺体となって発見された。フリー記者だった加菜は何を追っていたのか。独自に調べを進める寒川は、事件の背後に、自分の警護対象者である国土交通省大臣の存在を知る。


最新刊 – 2018年

1月|2月|3月|4月5月|6月|7月|8月|9月|10月11月12月


←ひとつ前のページに戻る