最新刊 – 2020年4月

誘鬼燈

文庫 集英社 ¥726

青森のある町で新婚間もない若妻が刺殺された。その若妻は過去を隠すように暮らしていた。捜査に当たる刑事たちは彼女の足跡を丹念に追った。同じ頃岩手ではトラック運転手が殺されていた。一人の刑事が不審に思った変則的なタコグラフの記録は何を物語るのか。二つの殺人事件の捜査陣の執念が結びつける点と線とは。


最新刊 – 2020年

1月|2月3月4月


←ひとつ前のページに戻る